article

Ben@Amazon avatar image
Ben@Amazon posted

Alexaとは

Alexaは、Echoの機能を強化する音声サービスで、ユーザーが音声を使ったより直感的な方法でデバイスを対話できるようにする機能(スキル)を提供します。こうしたスキルの例としては、楽曲の再生、一般的な質問への回答、アラームやタイマーのセットなどが挙げられます。Alexaはクラウドベースのため、常に機能が強化されています。Alexaを使うユーザーが増えるほど、より多くの音声パターン、語彙、好みに対応できるようになります。現時点では、Alexaは英語のみに対応しています。

ASK(Alexa Skills Kit)とは

ASKは、セルフサービスAPI、ツール、ドキュメント、コードサンプルで構成されており、誰でもすばやく簡単にAlexaにスキルを追加することが可能です。コードはすべてクラウドで実行されるため、ユーザーデバイスにインストールする必要はありません。ASKを使えば、Alexaに開発したスキルを追加することで、魅力ある、ハンズフリーの音声エクスペリエンスを作成することができます。ユーザーは、あらゆるAlexa搭載デバイスから、Alexaに質問やコマンドを言うだけでこれらの新しいスキルにアクセスできます。

Alexaスキルの作成を開始する: https://developer.amazon.com/public/solutions/alexa/alexa-skills-kit#get-started-now

スマートホームスキルとは

Alexa Skills Kit(ASK)に新たに追加されたスマートホームスキルAPIを使うと、開発者はAlexaに機能(スキル)を追加できます。Alexaは、標準でいくつかのスマートホーム機能を提供します。たとえば、明かりをつけたり、暖房をオンにしたりといったスキルです。カスタマーは、Alexaに質問やリクエストをすることで、これらの新しい機能を利用できます。

詳細については、https://developer.amazon.com/public/solutions/alexa/alexa-skills-kit/content/smart-homeを参照してください。

AVS(Alexa Voice Service)とは

Alexa Voice Service(AVS)は、インテリジェントでスケーラブルなクラウドサービスで、マイクとスピーカーさえあれば、接続されたあらゆる製品に音声対応エクスペリエンスを提供できます。ユーザーはAlexa搭載製品に話しかけるだけで、楽曲の再生、質問への回答、ニュースや周辺情報の取得、スマートホーム製品の制御を行うことができます。さらに、無料のAmazon Alexaアプリを使えば、どこからでも製品の制御と管理が可能です。製品に、充実した直感的なエクスペリエンスを追加したいと考えるなら、ぜひAlexaを選ぶべきでしょう。

AVSスタートガイド: https://developer.amazon.com/public/solutions/alexa/alexa-voice-service/getting-started-with-the-alexa-voice-service

Alexaファンドとは

Alexaファンドとは、Amazon Echoの機能を強化するクラウドベースの音声サービスであるAlexaを対象として、音声テクノロジーの発展のために最大1億円を出資する制度です。Alexa Skills Kit(ASK)を使用して新しいAlexa機能を作成する、AlexaでAlexa Voice Service(AVS)を使用したまったく新しい画期的な音声エクスペリエンスを実現するデバイスを構築するなど、何でもかまいません。構想しているアイディアがあれば、ぜひ聞かせてください。

Alexaファンドの申請: https://developer.amazon.com/public/solutions/alexa/alexa-fund/fund-signup

開発: https://developer.amazon.com/alexa

サポート: https://developer.amazon.com/public/support

フォーラム: https://forums.developer.amazon.com/spaces/165/alexa.html

キーワード: Alexa, 音声サービス, スマートホーム, スキル, クラウド

alexa skills kit
10 |5000 characters needed characters left characters exceeded

Up to 2 attachments (including images) can be used with a maximum of 512.0 KiB each and 1.0 MiB total.

Article

Contributors

Ben@Amazon contributed to this article

Navigation