article

Ben@Amazon avatar image
Ben@Amazon posted

コマンドが理解されなかった場合にAlexaのデフォルトの応答を呼び出す方法

音声言語インターフェースを使用してユーザーからの入力データを取得する場合、送信前のフィルタリングやエラーチェックをすることができません。Alexaが入力データの解釈を誤ったり、ユーザーが想定外のコマンドを発したりした場合は、内容を確認しエラーがある場合は処理します。

たとえば、あるフレーズはスロット内の1つの値を呼び出し、別のフレーズは2つの値を呼び出すとします。また、別のフレーズはスロットの値をまったく呼び出さない場合もあります。これらは適切に処理し、どのような状況であってもスキルが正しく動作するようにしなければなりません。

スキルのサンプル発話ではユーザーが言う可能性のあるすべての単語を列挙する必要はありませんが、スロットを呼び出すフレーズについては考えられるすべてのフレーズを書き出しておくことが重要です。以下に例を示します。

1.HelloWorld hello, {nick|Name}

2.HelloWorld hello, {nick|Name} and {steve|Name}

3.HelloWorld hello

4.HelloWorld hey

また、前述のように、スロットの想定外の値がEchoアプリケーションサービスに渡される可能性があるため、適切なエラー処理を行わない場合はエラーが発生することがあります。たとえば、スロット内のLITERALタイプは、アプリでサポートしていない単語を含むあらゆるテキストを渡す可能性があります。

キーワード: エラー処理, スキル, ASK, サンプル発話

alexa skills kit
10 |5000 characters needed characters left characters exceeded

Up to 2 attachments (including images) can be used with a maximum of 512.0 KiB each and 1.0 MiB total.

Article

Contributors

Ben@Amazon contributed to this article